沖縄旅行の方法

楽しいドライブ

沖縄は、暖かい場所であり魅力的な観光地も多いので人気の場所になっています。特に家族で楽しむことができる場所が多いが魅力です。青い海を楽しむこともできますし、魅力的な文化施設や食べものもあります。また、この土地独特の風習などもあります。

そのため、年間を通して訪れる人が多く、日本の主要都市からはたくさんの航空便が飛んでいます。アジアの地域からも注目されるリゾートに最近ではなってきていて国際線も多いです。

島内の回り方
沖縄は、非常に魅力ある観光地ですが、旅行する上での欠点は交通インフラが少ないことです。都市部へはモノレールがありますが、南部やリゾート地が並んでいる中部にはバス便しかありません。そのため、この島を効率よく回ろうと思うとどうしても必要になってくるのがレンタカーです。沖縄の玄関口である那覇空港には多くのレンタカー会社があります。また、多くの人が借りることを見越して、空港から少し離れたとことには広大なレンタカーターミナルがあります。

沖縄レンタカーの特徴
沖縄では、島内の交通インフラが弱いことから多くの人がレンタカーを利用します。そのため、各社では競争が激しく様々なサービス合戦が行われています。カーナビがついているのはもちろん、家族向けにチャイルドシートの無料貸し出しやベビーカーの貸し出しもあります。特にチャイルドシートは数が多く、複数のチャイルドシートを同時に借りることもできます。このように複数のチャイルドシートを借りることができるのは、家族連れの人にとってはとても便利なサービスです。

 

那覇空港の利便性と特徴

飛び立つ飛行機

観光のメッカである沖縄県で、空の玄関口である那覇空港は、多様な施設や設備のある空港です。

その特徴は、米軍基地があったことから国際的な那覇空港の雰囲気がありますし、琉球文化の民芸品と特産品等の販売も楽しめる空港です。

そこには東京や大阪等の主要都市から空の交通網が広がっていますし、他の地方都市からも空の便の運行が利便性よく発着しています。

それは沖縄は本土から離れたアイランドですから本土からの交通手段は、船と飛行機が主流です。

レンタカーサービスのある空港
那覇空港は多くの観光客が沖縄に訪れる玄関口の役割を果たしていますので、多くの人々で賑わう観光シーズンです。

その為に那覇空港にはレンタカーのサービスがありますが、それは沖縄の交通事情から必要な店舗です。

沖縄内での交通手段は、主にバスがあるだけですからレンタカーでの観光は便利な交通手段です。

その際の申込は、那覇空港で簡単にスピーディに行われるので便利です。

またそこから快適な車の移動で、観光も楽しく巡る事が出来ます。

チャイルドシートの必要性とは
その際に忘れてはならないのが、幼児連れに必要なチャイルドシートの利用です。

それは道路交通法で決められた幼児の命を守るチャイルドシートの規則と設置ですが、レンタカーを借りる際に貸してくれたり、チャイルドシートのレンタルを行っている場合もあります。

ですから事前のチャイルドシートの予約を行う事で、レンタカーの業者から借りれます。

そこから楽しい沖縄のきれいな海や観光巡りが便利に出来ますし、思い出作りが便利に出来る沖縄の観光旅行です。